信用取引ってなに?

信用を使って投資の元手を用意する

信用取引とは、金融商品の取引においてその資金を証券会社から借りて売買を行う投資手法のことを言います。
例えば現在、10万円の資金があるとします。信用取引ではこの10万円を証拠金と言い、証拠金を入れることで証券会社から資金を借りることができます。その際に借りるお金の限度額を設定します。これをレバレッジと言い、100万円を限度額とした場合レバレッジは10倍となります。個人でFXを行うときは10倍程度が標準的です。信用取引は買うだけではなく売りのパターンでも行うことができます。例えば50万円分の株式を借りて売り、株が値下がりしたら買い戻して借りた株式を返す。という方法をとれば株が下がる状況でも利益を出すことができます。このように信用取引は資金の調達だけでなく、空売りと呼ばれる投資手法を行うためのものでもあるのです。

ハイリスク・ハイリターン!利益も損失も大きくなります

信用取引を行うと、証拠金として用意しているお金の何倍もの額の取引ができます。
借りた100万円で株を買えば、10万円で株を買った時に比べて利益も損失も10倍になります。また、通貨など値動きが大きくないものでも、投資金額を大きくすることで利益を出すことができます。1ドル当たり1円の値動きでも、投資額が大きくなれば損益は大きくなります。FXで一獲千金が狙えるのは、そのような理由からです。しかし損失が出た場合、その額が証拠金の範囲であれば良いのですが、証拠金の額を超えると証券会社にお金を払う必要が生じます。これが追証と言われるものです。何年かに一度急激な円高が起こりますが、信用取引で通貨を買っている人は損失が生じ、多額の追証を払っています。それが原因で破産する人もいます。通貨で信用取引をする場合、レバレッジを3倍以下にすると追証のリスクは殆どないと言われています。初心者の方はそのくらいから始めてみてはいかがでしょうか?

信用取引の保証金は、信用取引で新規売買を行う際に必要となる担保金の事です。保証金には保有している株式や投資信託を用いる事も出来ます。

© Copyright Apply For Credit Card.All Rights Reserved.