信用取引は安全なのか?

まずは信用取引がどんなものなのかを知ろう

経済ニュースなどでよく「信用取引」という言葉を耳にすることがありますが、実際にどのような取引なのかを知る人は必ずしも多くはありません。信用取引とは、一定の有価物を担保として専用口座に差し入れておくことで証券会社や証券取引所から資金や株を借りれるようにし、それを元手に株の売買を行う取引のことです。
信用取引では委託証拠金と呼ばれる、元手となる資金の約3倍の取引が行えるようになり、また株を借りることで現物取引では絶対に不可能な空売りを行えるという点で非常に利便性が高い取引です。しかし一方で、有価物を借りる形式が借金と同じ構造である点、損失が拡大しやすい点などから、どうしても「危険性が高い取引」と認識されるケースが多くあります。

信用取引の危険性を抑える仕組み

信用取引での損失額が委託証拠金の一定割合に達すると、「追証」と呼ばれる緊急の追加入金義務が発生します。信用取引における最大の恐怖と認識されがちですが、これは投資家の資金を守るために設定されたセーフティネットとも言えます。そもそも、よほど浅慮な取引でも行わない限りは追証は滅多に発生しません。株取引にある程度知識がある人であれば、信用取引は身を崩すほど危険な取引ではないのです。
また、「制度信用取引」と呼ばれる、証券取引所が安全性を保証している銘柄を扱う信用取引も行えます。当然損失が出る可能性もありますが、取引できる期間が定められているなど、信用取引における損失が膨らむ危険性を極力排除するように配慮されています。

© Copyright Apply For Credit Card.All Rights Reserved.