信用取引の空売りとは?

信用取引における空売りについて

信用取引によって証券会社から株を借りて取引が可能になりますから、資産以上の取引も出来るのですが、株取引を行う時には一般的には買い注文で入り、売り注文で入るには信用取引を行える審査にクリアする必要があります。
買い注文以外出来ない状態では、株価上昇中以外に価格変動による利益を得られないのですが、信用取引が出来るようになれば売り注文を出して、株価下落時にでも利益を得る事が可能です。
信用取引で株を証券会社から借りて売る事を空売りと表現し、信用取引においては象徴的な取引手法として挙がり、売り注文が出せるようになれば株取引において戦略の幅が大きく広がるというメリットがあります。
もちろんリスクもありますから、メリットとデメリット両面を理解して取引が必要です。

空売りのリスクを知る

株取引で売り注文で入る事が出来る信用取引の空売りがありますが、株価下落時に利益を出す事が可能ではあってもリスクも伴う事を知っておく必要があります。
空売りと言うのは持っていない状態で売る事であり、これを信用売りと呼ぶ方も多いですが、証券会社は信用売り注文した投資家に対して空売り用の株を貸し出して、投資家は一時的に市場で売却するものです。
そこから市場で株券の買戻しを行って証券会社経由で借りた株の返却を行うのですが、例として挙げると1000円で空売り注文して、500円で買い戻しを行うと500円の差額利益を得る事が出来ます。
株は買いの場合は買値がゼロになるまでがリスクになるのですが、空売りの場合は際限無く損失を受ける可能性があり、リスクの大きさも考慮した取引が望ましいです。

© Copyright Apply For Credit Card.All Rights Reserved.